お知らせ

 

組織内会計士研修会
信託制度と信託銀行の活用法
『信託を活用した相続・事業承継対策』と『本年6月株主総会の振返り』
開催のご案内
主催:日本公認会計士協会
組織内会計士協議会
*
  日本公認会計士協会・組織内会計士協議会では、組織内会計士の資質の維持及び向上を図るとともに、組織内会計士の組織化を推進し会員及び準会員の活動領域の拡充及び人材の流動化を促進することを目的として、組織内会計士に関する研修会等を実施しています。
 信託とは、委託者が信託行為(例えば、信託契約、遺言)によってその信頼できる人(受託者)に対して、金銭や土地などの財産を移転し、受託者は委託者が設定した信託目的に従って受益者のためにその財産(信託財産)の管理・処分などをする制度です。また、信託銀行では、銀行法上の銀行業務とともに、この信託を業務として行い、併せて併営業務(証券代行業務・不動産業務等)を行っております。
 本講義では、信託制度と信託銀行の活用法をご理解いただくため、第一部では、信託銀行の特徴的な業務であります相続・事業承継関連業務について、第二部では、証券代行業務(株主名簿管理人業務)における株主総会支援の一環として、本年6月の株主総会の状況について、三井住友信託銀行株式会社から講師をお招きしご講演いただきます。ぜひ奮ってご参加ください。

 

<研修会概要>

 

  

以 上