お知らせ

 

組織内会計士研修会
連結業務の効率化、システムの上手な使い方
開催のご案内

主催:日本公認会計士協会
組織内会計士協議会

 

 日本公認会計士協会・組織内会計士協議会では、組織内会計士の資質の維持及び向上を図るとともに、組織内会計士の組織化を推進し会員及び準会員の活動領域の拡充及び人材の流動化を促進することを目的として、組織内会計士に関する研修会等を実施しています。
 連結財務諸表が開示の中心となってから、早16年が経過しています。
 しかしながら、多くの上場企業では、作業が属人的になっていたり、非効率な作業が多かったりなど、まだまだ改善の余地が多々あるようです。
 「連結財務諸表を作る」というところに時間がかかってしまうと、「分析する」作業に割く時間が少なくなってしまいます。また、今後、IFRS(国際財務報告基準)への対応を行う場合、現状の作業が非効率であると、IFRS対応の検討する時間も余力もなくなってしまいます。
 そこで、連結決算業務を効率的に実施するためには、どのようなポイントから改善していったらよいのか、また、連結会計システムをどのように活用することで、より効率的・効果的な業務改善を行うことができるのかなど、システム利用の観点から解説いたします。
 システムが苦手、システムをどのように活用していったらよいかわからないと思っている皆さま、この機会にぜひ奮ってご参加ください。

 

 <研修会概要>

 

  

以 上