組織内会計士の活躍事例


余語 岳仁/ニプロ株式会社 取締役 経営企画本部長

 

―― 会計士を目指した経緯をおしえてください

余語氏:転職のために専門性を身に付けたかったから

 

―― 監査法人ではどのような業務に従事されていましたか
余語氏:計監査、公開準備、地方公共団体外部監査

余語 岳仁氏

 

――監査法人から組織内会計士になった理由をおしえてください
余語氏:会計基準という枠の中で結果の数字を扱う仕事から、答えのない未来の問題に取り組む事業会社での仕事に興味を持ったから。

 

――組織内会計士としての略歴をおしえてください
余語氏:株式会社グッドマン 内部監査室長
     株式会社グッドマン 執行役員 経営企画室長
     株式会社グッドマン 取締役 管理本部長
     株式会社グッドマン 取締役 管理本部長兼生産本部長
     株式会社グッドマン 代表取締役社長
     ニプロ株式会社    取締役 経営企画本部長

 

――現在の仕事内容についておしえてください
余語氏:経営企画、財務・経理、情報システム、子会社管理、予算管理、買収対応など

 

――組織内会計士として公認会計士であることの強みとは何でしょうか

余語氏:名刺に肩書として書けること

 

――監査法人経験の強みとは何でしょうか、又は監査法人の経験が今に活かされていると思うことはありますか
余語氏:個人的には、事業会社は会計監査とは全く別の世界であり、あまり経験が役立ったと思うことはない

 

――将来進みたい方向はありますか。また、それをかなえるための課題はありますか
余語氏:将来の目標を持つことではなく、目の前の課題に集中することが重要と考えている

 

――企業内で働く公認会計士にはどのようなものが求められますか(資質やスキルなど)
余語氏:判断力、社交性

 

――企業内会計士になってみて感じていること、勉強になったと思うことをおしえてください
余語氏:理論や分析で事業の成否は決まらず、いかに推進するかが全て。そのためには、中間層の強化こそが競争優位の源泉と考える

 

    ――ビジネスマンとして大事にしていることは何ですか

余語氏:現実の問題を解決すること。評論家にならないこと。目の前の問題に集中すること。

     

    ――若手会計士(または受験中の若者)へのメッセージをいただけますか

余語氏:将来を憂いたり、過去を悔いたりするのは時間の無駄であり、今できることに全力を尽くしてください

 

    ――趣味(余暇の過ごし方など)は何ですか

余語氏:ダラダラする

 

    ――その他に何かあればお願いします。

余語氏:監査法人から一般企業に転職し、上場企業の社長という貴重な経験もできましたが、社会では運に左右されることが多いと実感します。
それでもなお、いま出来ることに全力を尽くせば運もいつかは掴めます。将来設計をするより、目の前の機会に集中することが大切です。

 

[一覧に戻る]