組織内会計士の活躍事例


澤 健介/株式会社クロス・マーケティンググループ グループ経営戦略部

 

―― 会計士を目指した経緯をおしえてください

澤氏:大学が公認会計士の資格取得に力を入れており、入学手続資料の中に入っていた学内セミナーで公認会計士の存在を知ったのが最初のきっかけです。就職活動等が視野に入り始めた時に何人かの公認会計士の先輩と話す機会があり、プロフェッショナルとしての生き方に憧れて本気で勉強するようになりました。

澤 健介氏

 

―― 監査法人ではどのような業務に従事されていましたか
澤氏:大手監査法人の国際部で上場会社から外資系企業までをお客様として監査からアドバイザリーまで幅広く携わっていました。特に国内外のIPOや幅広いアドバイザリー、IFRS導入に携われたことは僥倖としか言えず、とても良い経験です。上司や同僚、クライアントの皆様にも大変良くして頂いて、仕事人、プロフェッショナルとしての基本を醸成して頂いたことは今も感謝しています。

 

――監査法人から組織内会計士になった理由をおしえてください
澤氏:周りの上司、同僚も転職して様々なキャリアに進んでいたこともあって監査法人に留まるか転職するかは常日頃悩んでいました。お世話になった方の紹介で前職企業の社長と会い、ほとんど雑談に近い話が面白かったことと社長直下で仕事が出来ることを決め手に転職を決意しました。

 

――組織内会計士としての略歴をおしえてください
澤氏:前職では新規事業や海外展開の企画、人事、広報や社長の特務事項対応等おおよそ会計士らしくない(?)ミッションを担当しました。新規事業や海外拠点の立ち上げで関係するグループ内外の人々の間を奔走したこと、新卒採用で100人近い学生と話せたことは、時に大変でしたが、今となっては楽しい思い出です。その後、自身の志向と抱えているミッションとの整合性を考えてクロス・マーケティンググループに移りました。また、縁あってグローバルダイニングの社外取締役も務めています。

 

――現在の仕事内容についておしえてください
澤氏:グループ経営戦略部にて買収した海外子会社との買収後統合業務や特務事項対応に携わっています。江戸時代の御用聞き商人の感覚で円滑なコミュニケーションを心掛けながらグループのパフォーマンス向上を目指すのは遣り甲斐の大きなお仕事です。

 

――組織内会計士として公認会計士であることの強みとは何でしょうか

澤氏:定量感覚が身に沁みていること、物事を会計、税務、コンプライアンス等多角的な視点で捉えられることは会計士の強みです。また、明確な切り分けや周囲の理解は必要ですが、会計士というコミュニティに属することで、学びや使命感を得られるフィールドを持てることも強みかもしれません。

 

――監査法人経験の強みとは何でしょうか、又は監査法人の経験が今に活かされていると思うことはありますか
澤氏:業種も規模も異なる様々な会社の内情を見られること、早い内から業務上の決定権が与えられること、チームビルディングを学べること、タフさが身につくことは大きな強みです。また、現在の業務の中で監査法人時代に何気なく見ていたモノをふと思い出し、それが突破口になることも多いです。

 

――企業内で働く公認会計士にはどのようなものが求められますか(資質やスキルなど)
澤氏:公認会計士に限りませんが、一般的に企業では監査法人のように皆が同質なミッションを抱えているわけでは必ずしもありません。同じ会社の中とは言え、話し言葉もミッションも皆が異なっているのが常です。そのような中では話を聞くこと、分からない事は臆せず教えてもらうこと、まずは飛び込んでみることが大事ではないでしょうか。

 

――ビジネスマンとして大事にしていることは何ですか
澤氏:自らのミッションにオーナーシップを持つこと、いつも仕事を鳥瞰すること、一円を語りつつ一兆円を語ること、一分一秒を大切にすること。

 

    ――若手会計士(または受験中の若者)へのメッセージをいただけますか

澤氏:公認会計士の資格で出来ることは限られているかもしれませんが、公認会計士のプロフェッショナルとしての意識は様々なことを出来るようにしてくれます。一人でも多くの方がプロフェッショナルの意識を持ち、世界を広げてくれればとても嬉しいです。

     

    ――趣味(余暇の過ごし方など)は何ですか

澤氏:休みの日は子どもと遊んだり、バイクで出かけたりしています。平日仕事終わりの水泳や食べ歩きも楽しみの一つです。

 

[一覧に戻る]