組織内会計士の活躍事例


所 昇一郎/Peach Aviation株式会社 財務・法務統括本部 経理部長

 

―― 会計士を目指した経緯をおしえてください

所氏:大学卒業後は上場会社の経営企画部門で勤務しましたが、専門的知識が全く無い状態からのスタートだったため、自分のなかに判断の指針となるものがなく大変苦労をしました。そこで、専門的知識を備えた職業人になりたいとの思いを強くし、公認会計士になることを目指しました。ちょうどその頃は日本企業が変革を迫られはじめた時期でもあり、公認会計士という職業の社会的重要性が高まっていくに違いない、という思いもありました。

所 昇一郎氏

 

―― 監査法人ではどのような業務に従事されていましたか
所氏:勤務していた監査法人では、インチャージとしてメーカー等の上場会社の監査に従事していました。また、上場準備会社のIPO支援業務を多く担当する機会も得ました。

 

――監査法人から組織内会計士になった理由をおしえてください
所氏:監査法人在職中は、多様な業種の会社を担当することができ、また、監査業務を通じて担当会社の経営層の方々などとの信頼関係を築いていくことにやりがいを感じていましたが、自らも企業の一員となって経営者をサポートする役割を果たしたいとの思いを強くし、縁あって、現在の会社で勤務することになりました。

 

――現在の仕事内容についておしえてください
所氏:現在の会社では、経理部長として財務会計と管理会計の業務を統括しています。財務会計に関連する業務は公認会計士としての知識と経験が直接的に活かせるものですが、低運賃でお客様にフライトを提供する当社においては管理会計の重要性も非常に高く、コストマネジメントに資する分析結果を簡潔かつスピーディーに経営層に提供することも私の責任となっています。

 

――組織内会計士として公認会計士であることの強みとは何でしょうか

所氏:当社は成長途上にある会社であり、新たな取引への対応や業容拡大に見合った社内体制の整備など取り組むべきテーマに事欠きませんが、原理原則を押さえつつ実際にワークする仕組みをつくるうえで、公認会計士としての知識と経験が役立っていると思います。

 

――監査法人経験の強みとは何でしょうか、又は監査法人の経験が今に活かされていると思うことはありますか
所氏:監査業務を通じて様々な会社のビジネスや組織に触れることができたということが、監査法人での経験から得た大きな財産だと思います。そのときは外部の監査人という立場ではありましたが、それらの会社の経営課題を共有し一緒に悩んだことにより、頭の中の「引き出し」が増えたように思います。

 

――企業内で働く公認会計士にはどのようなものが求められますか(資質やスキルなど)
所氏:当然のことですが、事業会社は様々な部門の活動によって成り立っています。組織内会計士は経理部門や内部監査部門などの管理部門に所属することが多いとは思いますが、それらの部門においても「いい仕事」をするためには、社内の他部門とのコミュニケーションを密にし、しっかり協働していこうとする姿勢が求められると思います。

 

    ――若手会計士(または受験中の若者)へのメッセージをいただけますか

所氏:監査業務におけるリスク評価手続においても被監査会社のビジネスや企業環境の理解の重要性が強調されていますが、これらに関する理解を深めることは、皆さんの職業的専門家としての奥行きを深めることにも繋がると思います(監査法人在職中にも若手スタッフに同じような話をしていましたが、今もそう思います)。

     

    ――趣味(余暇の過ごし方など)は何ですか

所氏:以前から興味を持っていた茶道を始めようと思い、いま、稽古をつけていただける先生を探しているところです。

 

[一覧に戻る]