組織内会計士の活躍事例


原 直示/三井物産株式会社食糧本部穀物事業第二部マルチグレイン推進室

 

―― 会計士を目指した経緯をおしえてください(必須)

原氏:大学生時代としては、監査法人での非常勤社員としての報酬が他の仕事に比較して良かった為。


原 直示 氏

 

―― 監査法人ではどのような業務に従事されていましたか
原氏:USGAAP, J-GAAP, IAS(当時)の会計監査、及びUS-SOX監査、J-SOX導入コンサルティング、M&A実施前の会計処理アドバイス、適正な利益・有利な財務指標創出の為の各種取引スキーム作りの助言(もちろん妥当な範囲に於いて)。

 

――監査法人から組織内会計士になった理由をおしえてください
原氏:より幅広い業務、より創造的で面白い仕事をしたかった為。

 

――組織内会計士としての略歴をおしえてください
原氏:監査法人退職後、経営コンサルティング(PMIの仕組み作り)、M&A関連の会計コンサルティング(財務デュー・ディリジェンスが主)を経験した後、現職に至る。

 

    ――現在の仕事内容についておしえてください
    原氏:海外子会社の経営戦略及び事業戦略策定の支援。最適投資ストラクチャー、グループ組織再編の検討・実行。最適資本構成検討及び資金調達支援。業績管理・報告等。

 

――組織内会計士として公認会計士であることの強みとは何でしょうか

原氏:公認会計士という資格そのものは関係ありませんが、会計的な観点から実態を捉える力、全社的視点から組織を捉えられる力を養っていたことが強みと考えています。また、キャッシュ・フローが引けるということが大変役に立っています。

 

――監査法人経験の強みとは何でしょうか、又は監査法人の経験が今に活かされていると思うことはありますか

原氏:会計実務能力を身につけるには最高の環境であることだと思います。また、若くても様々な組織の形態を第三者として見られるところ、多様なバックグラウンドの人間の中でチームをまとめ上げる経験が積めるところが監査法人経験の強みだと考えます。いずれの経験も今に活かされていると思います。当時お世話になった上司・部下・クライアントの方々には今も深く感謝しています。

 

――将来進みたい方向はありますか。また、それをかなえるための課題はありますか

原氏:自営も含めた小組織の経営者。自ら事業を組み立てる経験を積む必要があると考えています。

 

――企業内で働く公認会計士にはどのようなものが求められますか(資質やスキルなど)

原氏:専門的な能力はあるに越したことありませんが、それよりも、より幅広い領域をカバーし何でもやるという意思と能力が求められると認識しています。

 

――企業内会計士になってみて感じていること、勉強になったと思うことをおしえてください

原氏:善くも悪くも色眼鏡で見られる。世の中は本当に広い。

 

――ビジネスマンとして大事にしていることは何ですか

原氏:夢と情熱。

 

――若手会計士(または受験中の若者)へのメッセージをいただけますか

原氏:大変ですが、若手のうちに積極的に自らチャンスを取りに行き、できるだけ様々な経験を積まれることをお薦めします。経験に勝るものなし。

 

――趣味(余暇の過ごし方など)は何ですか

原氏:テニス、料理、クルージング。

 

    ――その他に何かあればお願いします。

原氏:偉大な先達の努力によって、今の我々があると理解しています。公認会計士業界の更なる発展の一助となれるよう精進して参ります。

[一覧に戻る]