組織内会計士の活躍事例


株式会社アスカネット 常務取締役CFO 功野 顕也 氏
―― 会計士を目指した経緯(理由)をおしえてください。
功野氏:そもそも、経済や会計に興味があったのと 会計士の資格をとったらバラ色の人生が開けるという専門学校のパンフレットにまんまと・・・(笑)。
あと、資格があれば、地元に戻りやすいかな いうのもありました。

―― 監査法人ではどのような業務に従事されていましたか。
功野氏:1年目は大手メーカーの監査に従事しました。2年目からは大手金融機関の監査を主に担当し、4年目以降は、IPO準備の仕事が増えてきました。

功野 顕也 氏


―― 監査法人から組織内会計士になった理由をおしえてください。
功野氏:IPO準備会社に入り込んで、お手伝いしていると、外部の立場としてではなく、内部の人間として汗をかきたいという気持ちが強くなりました。監査法人の立場もいろんな規模、業種の会社と関われるし、その経営者と接することもできる魅力はあるのですが、会社に入って、実務にどっぷりと浸かりたい気がしたんです。たとえ会社がうまくいかなかったとしても、自分の経験としては絶対に大きな価値になると言い聞かせましてね。

―― 組織内会計士としての略歴をおしえてください。
功野氏:監査法人時代に担当だった縁から今の会社に移りました。もう13年になります、早いもんです。
最初から、管理部門の責任者という立場で、経理、財務、総務、人事、経営企画などを広い領域をカバーしつつ、公開準備を推進していきました。
入社2年後に取締役に就任し、経営者としての立場も担うことになりました。
紆余曲折、山あり谷ありでしたが、入社6年後になんとか上場することができました。その後は、上場会社として管理部門を統括しつつ、IRとか、人事制度とか、組織とか、総会運営とか色々携わってきました。

―― 現在の仕事内容についておしえてください。
功野氏:現在は、常務取締役CFOという役職にあります。管理部門は、部長が育ちましたので、内部的なマネジメントはかなり任せています。IRとか金融機関、監査法人などの外部折衝や、教育研修、経営企画業務、そして、最近は新規事業の担当もさせてもらっていますので、結構範囲は広いですね。

―― 組織内会計士として公認会計士であることの強みとは何でしょうか。
功野氏:まずは、会計を体系的にしっかりと理解していることではないでしょうか。企業にいますと、色々な事象が発生し、それが会計的に影響します。新しい事業が発生しても、会計を体系的に理解していれば、瞬間的な判断もそれほど外れないですし、調査するにしても勘所が分かるのでそんなに手間暇はかからないはずです。また、こんな事象が発生しそうだと匂いをかぎ、前もって適切な準備ができる感度の高いアンテナも持っていることでしょう。あとは、資格を持っているということで、頼られますね、内部的には。そうすると色んな情報が入ってきますし、知識、経験となり、力が付きやすいのではないでしょうか。外部的には、安心してもらえますね。公開準備をするにしても、監査を受けるにしても、公認会計士が会社にいるということで、スムーズに進む局面はあったように思います。

―― 監査法人経験の強みとは何でしょうか、又は監査法人の経験が今に活かされていると思うことはありますか。
功野氏:やはり、色んな会社を見ることができたことでしょうか。大きな会社のいい所、問題な所、ベンチャー企業の活気や危うさ。また、経営者とのコミュニケーションでその感覚を肌で感じることができたのは財産です。あとは人脈。困った時、監査法人時代の仲間、先輩や、当時お世話になったクライアントの方に色々と相談させてもらっていますね。
あとは、企業を外から観る見方を理解しているということでしょうか。企業にいると内部の理屈でものごとを判断しがちですが、外からの見え方をちょっとサジェッションすると、より適切な判断に繋がる気がします。

―― 企業内で働く公認会計士にはどのようなものが求められますか(資質やスキルなど)
功野氏:まずは、コミュニケーション能力。営業、生産、企画、人事・・・企業内には色々な機能があって成立しているので、それぞれを尊重し、謙虚な姿勢により、分かりやすい言葉で話できることが大切かと思います。それに必要なのは相手の立場に対する想像力でしょうか。
あと、専門性を上手く発揮する知恵。公認会計士である以上、その専門性を発揮することが期待されているわけですが、一人よがりに知識をぶちまけても、だれも付いてきてくれません。相手の目線、何を要求されているのか、タイミングなどを見計らって、効果的に専門性を発揮する工夫がいるかもしれません。

―― 組織内会計士になってみて感じていること、勉強になったと思うことをおしえてください
功野氏:やはり当事者であるということです。もちろん、実務はしっかりと理解しなければなりませんし、自分で解決できない場合は、知恵を借りられるネットワークが必要でしょう。経理でいえば、数字を作るわけですが、作るだけで不十分で、利用者に分かりやすく、いいタイミングで提供する必要もあります。
あとは、経営に携われることです。大変責任もあるのですが、勉強にもなりますし、面白いと感じます。

―― ビジネスマンとして大事にしていることは何ですか。
功野氏:顧客の立場になって考えるということです。ここでいう顧客とは外部のお客さんだけではありません。例えば、給与計算であれば、社員全員がお客さんですし、新人研修を企画するのであれば、新入社員がお客さんなわけです。また、月次決算の資料であれば、経営会議の出席者がそれを利用してくれるお客さんなのです。それぞれのお客さんがなにを求めているか、どうしたら喜んでもらえるか、それを考えることが大事だと思っています。

―― 若手会計士(または受験中の若者)へのメッセージをいただけますか。
功野氏:ありきたりですが、公認会計士の資格を取ることがゴールではありません。特に、企業内に入ると資格がなくてもできる仕事ばかりです。ただ、公認会計士資格を持っていると、その人次第で良いファストパスになるはずです。昨今厳しい業界環境ではありますが、会計の知識を持ったうえで、+αがある人材は非常に付加価値が高いと思います。

―― 趣味(余暇の過ごし方など)はなんですか。
功野氏:小さい子供が三人いるので、子供たちと遊ぶのが何よりの楽しみです。

 

[一覧に戻る]