組織内会計士の活躍事例


SBIホールディングス株式会社 内部監査部長 株式会社SBI証券 取締役 日下部 聡恵 氏
―― 会計士を目指した経緯(理由)をおしえてください。
日下部氏:大変お恥ずかしいのですが、あまり積極的な理由ではなく、経済学部に在学している自分が、女性であっても遜色なく働けるためには資格くらいあったほうがいいだろうというのが正直なところです。
資格であるとか、企業人になるのではなく独立専門家になることなどに特にこだわりはありませんでした。
日下部 聡恵 氏

―― 監査法人ではどのような業務に従事されていましたか。
日下部氏:金融機関の会計監査が主でした。
入所から数年は業種の区別なく、製造業(食品・機械など)、関連の流通業などにもスタッフとして監査に従事していましたが、当初から金融業の関連業務に携わりたかったため、強く金融機関の監査をメインで担当したいと希望しました。入所当初から、メインとしては大手の証券会社とそのグループ会社、銀行、信託銀行、生命保険会社の監査に従事していました。
その後三次試験に合格する前後からメインのクライアントが定まってきましたが、金融業の中でも一貫して証券業、ある日本最大手の証券会社のあらゆる事業局面を深く知りつつ会計監査人としてプレゼンスを示したいと強く思うようになりまして、幸運なことにかなり早い時期からインチャージとして証券会社やグループの証券投資信託会社、ファンド、その他証券業に付随する金融ビジネス会社の監査にどっぷりと関与できるようになりました。そのままはや10年以上過ぎたような状況でした。
その後、法定監査ではなく金融関連のアドバイザリーサービス部門に希望の上異動し、金融クライアントへのJ-SOX導入支援業務、コンプライアンス態勢構築支援業務に従事しました。

―― 監査法人から組織内会計士になった理由をおしえてください。
日下部氏:私が監査から、アドバイザリーへと仕事を経ていく流れの中で、優れた企業の組織・人・経営者を見るにつけ、会社の外から独立的にあるいは責任分野の業務のところについて意見を表明する、それも監査法人全体として表明するということだけではなく、自分固有の個性と、他人と違う個性で自由に答えを導きたい、また、「最終判断」「意思決定」を自らしたいと思いました。他人事にせず、中に入って「当事者」になって決めていきたい、と思いました。監査法人ではなくいわゆる企業という組織体の中で自分の職責で意思決定を自らしたいと思いました。それができるのが、リスクをとると考える方もおられるかもしれませんが、一つの組織に属し、組織の責任者になることだと思い、ちょうど会社からお招きいただいたため、これも出会いであると、企業に入ることを決断しました。

―― 組織内会計士としての略歴をおしえてください。
日下部氏:SBIホールディングス株式会社 金融コングロマリット経営管理室兼内部監査室 シニアアドバイザーとして、入社。金融庁の規制フレームワークを充足する経営管理態勢を構築することについて金融アドバイザリー業務・証券業務・内部統制の知識を生かして部門横断的にアドバイスを実施。各部門長、CFOらと協働。
SBIホールディングス株式会社 内部監査部長に就任、SBIグループ全体の内部監査(業務・コンプライアンス・システム等に関する監査)、J-SOX上の社内評価に部門責任者として従事。
株式会社SBI証券 取締役 に就任、主に同社の監査部による証券会社業務監査(規制コンプライアンス、システム等の監査)を管掌し、監査部を指導・監督しつつグループ親会社の観点から取締役として業務執行・監督業務に従事。

―― 現在の仕事内容についておしえてください。
日下部氏:上記SBIホールディングス内部監査部長、SBI証券取締役は現職で、上記記載が業務内容です。

―― 組織内会計士として公認会計士であることの強みとは何でしょうか。
日下部氏:私は経理会計関連業務に直接携わっているわけではありませんが、株式会社・企業である以上、管理業務を含めたあらゆる業務において財務・会計感覚は必須です。そので、管理業務の趣旨・枠組みについては内部統制などの知識があってこそ自分オリジナルの施策も考えることができます。
また、卑近な話ではありますが、内部監査部門長としてグループ他社、社外の担当者、規制当局(金融庁・国税庁)と接触するにあたり、「公認会計士」のタイトルは信頼を勝ち得るために有利です。交渉上、うまく進められることもあります。

―― 企業内で働く公認会計士にはどのようなものが求められますか(資質やスキルなど)。
日下部氏:自分で考え、自分で判断し、コミュニケーションを積極的にかつ正しくとれること。
監査法人と「企業」は違います。企業という組織、経営者の意思決定についてきちんと理解して動ける資質と知識は必要ではないでしょうか。
会計士としてスタッフ業務をするのであれば会計と監査かもしれませんが、組織に所属して可能性を広げたい人にとっては会計士のスキルとキャリアにこだわるよりもそれをベースに自分の全体をもっと積極的にプロデュースする生命力でしょうか。

―― 組織内会計士になってみて感じていること、勉強になったと思うことをおしえてください。
日下部氏:私は日常的に部門責任者同士の折衝、子会社等の経営者、自社の経営者を身近に見ており、ひとことでいうと優れた本当の人間力がある人、本当の「じあたま(地あたま)」がいい方にたくさん巡り会え、それを勉強どころか、少しでも、盗んででも吸収して自分のものにできる機会に恵まれていると感じています。

―― ビジネスマンとして大事にしていることは何ですか。

日下部氏:バランス。大局的で経営目線の視野。しかし公認会計士であるので、しっかりと客観的な根拠をもって考え、意思決定すること。

 

[一覧に戻る]